アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

こんな時代だからこそ新陳代謝が生まれる #658

f:id:toushiblog:20200508073538j:image

昨日はTを30株、ZSを30株、NOWを5株買いました。AT&Tは相変わらず株価が低迷しています。下がっては買って、下がっては買ってとしていますがそろそろ厳しくなってきたので買うのをやめなくてはいけないのかもしれません。利回りが7%を超えていて三ヶ月ごとに配当金が239ドル程入って来るようになっています。為替にもよりますがおよそ25000円の配当金はかなり大きいですよね。BTIからも配当金が三ヶ月ごとに20000円程入って来ますから他の株と合わせて三ヶ月に一度50000円の配当金が入って来ることになると思います。あとはもらった配当をちびちび再投資しようと思っています。

 

ZSはクラウドセキュリティの企業で決算が良かったので買いました。まあこれからはネットのセキュリティ企業が伸びていくと思うので長期保有していようと思います。そしてもう一つNOWは企業の業務をクラウドサービスで支える企業です。こちらもサブスクサービスで決算が良かったので買いました。昨日は新高値をつけていました。まだまだ伸びると思いますし新型コロナの影響も限定的だと思いますのでこのまま持ち続けたいと思っています。

二つとも次の決算もよければホールドし続けます。

 

最近CHGGというアメリカの企業を知りました。学生の学びをオンラインで助けるサービスをしている企業です。今まさに新型コロナで家にいなければいけない学生にとてもマッチしたサービスを提供しています。決算がとても良くて株価が大きく跳ねています。学校に行かなくて困っている学生や自分の進路先について迷っている学生にとても評判の良いサービスのようです。

そしてもう一つDXCM、デックスコムという企業があります。こちらは糖尿病の人にアプリを使って遠隔で医療サービスを行う企業です。こちらも新型コロナの中とても良く売上が伸びて決算が良かったです。そして株価が大きく跳ねています。

 

新型コロナの影響で売上を大きく落としたり、会社を閉めざるをえないところも多くあると思います。しかし他方でこのように大きく売上を伸ばしていく企業もあります。もし株を買うのならばそうやってこんな状況でも売上を伸ばすことのできる企業の株を買いたいものです。

なかなか言葉を選ぶのに困りますが、個人的に思うのは景気の波は必ずあって不景気の時に潰れる会社があれば新しいテクノロジーが興って新しい産業が生まれる、それが資本主義のあるべき姿なのかなとそんなこと思いました。

今の時代そぐわない企業にももちろんそこで働いている人がいます。そしてその人たちに当たり前ですが僕はなんの恨みもありません。しかしそうやって企業の新陳代謝が行われないと次のステージに行くことができないのだと思います。日本でもITがどんどん発達してできることが増えると良いなと思いました。日本ではどんな新しいサービスが生まれるのでしょうか。アメリカの真似でもいいので便利な世の中になって欲しいものですね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

チェグもデックスコムも実は前から目をつけていたんですよね。ここまで大きく株価が上がると少し買いづらいなと思います。

ただし新高値をつけた株というのはその株を買っている人全員が儲かっているということになります。つまり新高値をつけた株は買っても良い株だと思いますしそこで売らずに持ってて良い株だと自分は思っています。大きく跳ねたときは少し利確するなどしたいですね。少しずつ高値を切り上げていくのが理想的な展開だと思います。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。