アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

いよいよ例のあれがやって来そうな気配です #622

f:id:toushiblog:20200402074010p:image

さあていよいよやってきました。なんて明るいノリで書き出してみました。なにがやって来たかというとそうですね二番底です。株は底を打ったあとリバウンドをしてその次に二番底を探ると言われています。つまり一番底で投資をするチャンスを失ってしまった人には次のチャンスがやって来るというわけです。

もちろん僕はこういった歴史的な大暴落には初めて遭遇します。ですから僕の情報は推測ですし他の株に詳しい方々の情報をもとにブログを書いています。ただしそんな僕でもなんとなく次の底がくることは想像できるわけです。

そこで次の底に向けてしっかりと投資戦略をとっていきたいと思います。

 

想定されるのは三つあって大底を割るのか割らないのかと一番底で反発するのということだと思います。ダウの大底はおよそ18000でした。そこを割るのか割らないのかだと思います。

どこで二番底をつけるのかわかりませんがしかし気をつけたいのはちゃんと二番底を確認してから買うということをしたいと思います。別にどんなにかっこ悪くていいと思っています。他の人の情報をせっせと集めて二番底を確認してそこから買っても遅くないと思うのです。

新型コロナもいつまでも続くとは思えません。きっとどこかでピークアウトすると思います。その時にあの時買って良かったと思える投資をしたいものです。

 

そしてこれは僕自身の目標です。この考え方には賛否別れると思うので参考程度にしてもらえればと思います。

次の投資では高配当の銘柄を中心に買っていこうと思っています。なのでいくら安くても配当利回りが低かったり配当の無い株はパスしていこうと思っています。今のおよそ一年間にもらえる配当は2170ドルでしたのでなんとか次の下落で年間もらえる配当を3000ドルにしたいと思っています。3000ドルとなると円に換算すると30万以上となります。そして月に3万円も見えてきます。このご時世、年収が30万手取りで増えるなんて僕にしたら大きすぎます。そしてもちろん増配も見込めますので老後が安心して迎えられます。

 

高配当株を狙いたいところですがエネルギーセクターはあまり狙わないようにしたいと思います。原油価格が大きく下落していて配当利回りがとても高くなっています。そして石油企業は大きな企業なのでそうそう破産することはないと思います。そして配当の停止や減配もあまり考えにくいと思います。

しかし僕自身はもう既に少し買っているんですね。だからこれ以上リスクは取らないようにしたいと思っています。いくら株価が下がったとしてもダメージの少ない額で買っているからです。これ以上買うと何かあった時のダメージがとても大きなものになってしまいます。

個人的にはABBVやT、VZ、 D、BTI、あたりを買いたいと思っています。そして受け取り配当3000ドルが見えてきたら別の株も買っていきたいと思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ダウの先物を見ていると少し戻しています。どのあたりが二番底なのかどんどん情報を集めたいですね。

銘柄を分散してかつ一度に大きく買わずに少しずつ買っていきたいと思っています。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。