アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

アメリカ株の夜明けが近いのか #589

f:id:toushiblog:20200229071511j:image

今日もまた下げか、真夜中アメリカ株の様子を見て暗くなった方も多いのではないでしょうか。僕はというと暗いというより変に慣れてしまって感覚が麻痺してしまいました。ああ、また下げているな、そんなことしか思いませんでした。ただ買った時の株価を割ってくれるな、マイナスになってくれるなそう思いながらまた眠りについたのでした。

朝起きて株価をチェックするとやはり今日も駄目か、そう思っていて朝ごはんを食べてお茶を飲んで一服して歯を磨いて、さあ六時になったので最後の株価をチェックしようかと株価を開いたら、なんと、びっくりしました。

そう株価がプラスで引けているのです。そしてナスダックもわずかにプラスで終えていました。

 

何があったかというともうご存知の方も多いと思いますがそうですアメリカの中央銀行のパウエル議長が金利の引き下げを示唆したのでした。示唆ということはおそらく引き下げは実施するのだと思います。というかここまで匂わせて、そして実際の言葉でもって示唆したわけですから実施しないわけにはいかないと思います。もしここで利下げを実施しないと更なる大きなパニックを引き起こすことになると思います。ということで週明けから少しずつだと思いますが回復に向かっていくと思います。

 

では中国株、日本株はどうかというと個人的には苦しいと思います。というか実体経済がかなりボロボロなのではないでしょうか。この点に関しては僕のただの感想なので気になる方はご自身で調べてください。

つまり何が言いたいかというと多分この先株を買うとしたらアメリカ株しかないのではということです。ですからアメリカ株に興味があったけどなかなか買うことが出来ずにいたという方はここからが買うのに良いチャンスかもしれませんね。利下げの実施を確認してから、もしくはアメリカ株が上がり始めるのを確認してから買い始めても遅くないと思います。

 

自分はというと売るタイミングを逸してしまいましたね。下げ始めた時に一瞬売ろうかどうしようか考えた時があったのですがその時売るのが今思えば最善だっと思います。そして上がり始めたら買うわけです。

ただし僕がとった手は最善ではなかったですが次に良かった手ではないでしょうか。それは何もしないということです。売るタイミングは難しいものです。変なタイミングで売ったり買ったりすると単に手数料を取られただけかもしくは為替で負けたりするだけだと思います。何もしない、これはこれで結果的に良かった思います。一応買値は割っていないのでまだ見てられます。まさに長期投資の強みですね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

超ロングスパンで見るとこれは長い長いアメリカ株の上昇のなかの調整にすぎなかったのかもしれません。というかそう思いたいです。もう下げは相場お腹いっぱいなので株価がどんどん上がっていって欲しいですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。