アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

僕はとっとと損切りする派 #578

f:id:toushiblog:20200218070752j:image
先日投資についてとあるYouTubeLiveに参加していました。そこで損切りについての話題が出ました。そこでYouTubeLiveをされていた方が言うには自分は少しでも安くなったら(損が出たら)売ってしまう、そんな話をされていました。その方はYouTubeLiveをされているだけあって株で利益を出されている方なのだと思いますが僕もその方の意見には納得できます。

例えば株を買ってそこで失敗してマイナスが出た時、そんな時このブログを読まれている方はどうされますか。僕だったらさっさと売って他に伸びそうなところを探します。もちろん買ったばかりの時はマイナスですのでプラスになるまで少し待ちますけどそれでも見込みがなければとっとと売るべきだと思います。

 

そして別の成長しそうな企業の株を買うべきだと思います。ここで注意すべきは日本株や中国株を買うのではなくてアメリカ株を買うべきだと思います。もちろんアメリカ株もコロナウィルスの影響を受けると思います。だけど今世界中を見渡して安心して投資をできる場所はアメリカ株しかないのではないでしょうか。

そしてそれは僕だけではなくて世界中の投資家の人たちが思っていることだと思います。日本株や中国株よりもアメリカ株の方が相対的に見てコロナウィルスの影響が軽微だと感じるからです。

 

中国も日本も、そして他の国々もコロナウィルスの影響を受ける国は自国の経済を守ろうとして金融緩和をしたりお金をどんどん刷ったりするはずです。その時世の中に溢れたお金の行き場はどこになるのかそれは最終的にアメリカの成長している株に向かうと思います。なぜなら自国の株はコロナウィルスによって傷んでしまって買うことができないからです。もちろん債権を買うという選択肢もありますが債権が買われると債権の利回りが下がって更にアメリカ株の成長株を買うチャンスが訪れると思います。

 

有り体に言ってしまうと日産だとかJT固執するよりも他に伸びている株は探せばあると思いますよ、ということです。自分も日本たばこが良いなんて言っていたので良くなかったと思いますがしかし日本たばこの決算を見てまだ待ち続ける必要は無いと思います。

それよりも右肩上がりの株に順張りして負けた分をとっとと取り返すことの方が先決だと思うのです。もちろん投資は自己責任です。だけど傷は浅いうちに取り除いて次に向かうべきだと僕は思います。単純に機会損失でもありますよね。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

今朝なんだかアップルが良くないというキナ臭いニュースが出ていましたね。まあアップルは投資先から外した方がよいかも知れませんね。だけど他の投資先が全滅かというとそうでもないと思いますので儲けの出る投資先を探したいところです。アップルの投資チャンスを窺っている方は一旦様子見して押し目を買いたいところです。押し目は多分やってきます。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますよう。