アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

株主優待について僕の考え #506

f:id:toushiblog:20191208064646j:image

最近YouTube株主優待についての動画をよく見ます。そしてそういった動画を見ているとなんとなく良さそうでその株を買いたくなってしまいます。僕も買いたくなってブログにもおすすめしていました。オリックスKDDIですね。しかしずっと以前にも記事にしましたように僕個人的にやはり株主優待は好きになれません。過去に書いた記事を読み返してみると優待をもらうよりも現金をもらったほうが良いと僕は書いていました。その思いは今も変わらないです。やはり優待をもらうとどうしても使い道が固定されてしまいますよね。もっと言うと優待で株を買うことができません。再投資できないわけです。

 

他にも理由があって株主優待というのは大体100株(一単位)持っているともらえるというものが多くて200株、300株と持っていても意味が無いというものがたくさんあります。となると僕ならどうするか、優待目的で買うとなるとその100株だけ買って残りのお金でまた別の優待株を買おうとします。つまり何が言いたいかというと株価の上昇を抑えることになったりしないかということです。例えばオリックスの優待が有名ですけど100株だけ持っているという人が日本にはたくさんいるのではないでしょうか。というか一人で200株だけ買っているという方は少ないと思います。名義分けして買っている人もいると思いますがそれでもその名義の人数分のみだと思います。

 

そしてこれはよく言われることですが優待を送る費用は結局会社の利益から出しているという事実もあります。人気のある優待であればあるほど多くの人にカタログを送り、優待品を送りなど決して少なくない費用が発生します。当然そこには人件費も発生します。だったらその費用を抑えて利益を上乗せして欲しいと僕なんかは思ってしまいます。そしてその利益から配当を出してくださいと思ってしまうのです。

 

それにしても例えばアメリカとか日本の真裏のブラジルとかで日本の株を買ってそこまで優待を送っているのでしょうか。それはそれでものすごいことだと思いますがしかし送られた方も困るのではと思います。そしてその送付にも費用がかかりますしそうなってくると海外に住んでいる人はその株主優待の付いた株を買うのでしょうか。買わないですよね。ということはそれもまた株価の上昇を阻害する要因になってしまっている可能性があるわけです。

しかしオリックスKDDI株主優待は魅力的ですね。わかります。優待をもらってなんとなくさりげなく自慢したいですよね。しかしもし株主優待の株を買われる方はそのあたりを少し考えてみてはどうでしょうの思いブログにしてみました。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

優待って多分YouTube向きなのかも知れません。なんていうか配当よりも派手ですもんね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。