アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

1ドル=150円の世界はやってくるのか、リスクを取ることができるのか #495

f:id:toushiblog:20191127072034j:image

最近堀古英司さんの言葉を色々調べているのですがその中で将来的に日本円と米ドルとの為替は1ドル=150円になるといった言葉がありました。150円という数字が極端であるならば125円が現実的にあるのではないかというのです。僕個人的にも日本は円安に向かっていくと思っているのですが堀古さんは専門的な目から話されていました。おそらく調べれば簡単に行き着くと思うので気になる方は調べてみてください。

堀古さんの考えは置いておいて、まあそうなるよねというのが僕の感想です。日本とアメリカの国力の差は誰の目からも明らかで通貨の価値も開いていくのが当然だと思うからです。

 

そこで堀古さんは面白い話をされていました。そこまで円安が進むと日本ではインフレが進んでお金の価値が減っていくとお金を持っている意味がどんどんと薄れていって物を持っていることの方が意味のある世界がやってくるというのです。物というのには株も含まれるということですからこの先株高がやってくるということも当然含まれています。この先アメリカの好景気が日本にやってくるのかどうなのかわかりませんがバブルの再来が起こる可能性があるということです。

 

昼ごはんを食べながらニュースを見ていると本当に連日のように悲観的なニュースが流されます。もちろん今の日本には問題点がたくさんあります。差別の問題もありますし教育の問題、政治の問題、たくさんあります。だけどインターネットを使った犯罪が起こった時に勢いインターネットそのものを批判したりするのを見かけたりします。確かにTwitterの中身は良くないことが多いですけど僕はTwitterを使って株の情報を得たりもしているわけです。そしてそこで得た情報を参考にして株を買ったりしています。要は使う側の問題だと思うのです。堀古さんの言葉に僕が出会ったのもインターネットがあったればこそなのです。

 

何が言いたいかと言うと悲観的な言葉ばかりを聞いてチャンスを逃さないということが大切なことだと思います。僕はこの先のアメリカの景気はポジティブに考えていますし日本の経済は残念な面ももちろんあると思いますがポジティブな面もあると思っています。

そしてリスクをとることのできる人とできない人との差が現れていくのだと思います。ちゃんと情報収集をして適切にリスクをとることがこの先大切なことなのではないでしょうか。世の中のパラダイムシフトが起こるのかもしれません。

最後に投資は自己責任でお願いします。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

アメリカ経済は好調のようですね。ジワジワとの高値を更新しています。ということはアメリカ株を買っている方は儲けている方が多いのではないでしょうか。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日となりますように。