アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

衝撃、NISAに対する勘違い #465

f:id:toushiblog:20191028070509j:image

ここしばらくNISAでどんな株を買おうかという記事を書いてきました。しかしつい先日知ったのですが僕はNISAについてとんでもない思い違いをしていました。それはNISAの恒久化が見送られたというニュースです。この“恒久化”というのは一般NISAを5年保有して更に5年ロールオーバーして最大10年間保有できるものを更にその先もずっと保有しつづけることを検討しているのかと思っていました。つまりこの“恒久化”というものが見送られたということは今までの最大10年のまま続けていくのだと思っていたのです。

 

しかし実際はそうではありませんでした。恒久化を見送るというのはつまりNISAそのものを取りやめるといことだったんですね。NISAは今のところ2023年で終了するの予定となったのです。となると買うべき株が変わってくるような気がします。なぜなら米株を買った時の米株の10%と日本株の20%(およそで書いてます)の両方の税金はかなり大きくなります。日本株の20%のみの税は両方引かれるよりも随分楽に感じるからです。自分の基本的な投資スタンスは変わらないのですがNISAがなくなるのはやめて欲しいですね。

 

米株の魅力は1)配当をしっかり出してくれてかつ増配もちゃんとしてくれる、そして2)キャピタルゲインを狙いやすい、というのがあると思います。1)に関しては日本株は簡単に配当を止めたり減配するイメージが僕の中にあります。しかしそうではなくて、ちゃんと増配してくれてかつ配当利回りの良い日本株があるとするならば日本株を買っても良いと思います。すなわちそれがKDDIでありオリックスでありNTTドコモになるのです。ここがちゃんと増配してくれそうなので買って保有し続けるというのもありだと思います。花王という選択肢もなくは無いのですがちょっと利回りが良くないですよね。

 

2)についていえば日本という国そのものに成長性を感じないので、というかアメリカという国の方が成長性を感じますしチャートも読みやすい気がしますので米株を買いたい、となってしまいます。僕のような素人でしたら右肩上がりの株に順張りをしていれば勝てる気がするのです。そして決算で悪かった時は売れば良いのです。事実それでAmazon株で儲ける方ができました。今はMasterCardに“張って”いますけどMasterCardよりも安定的に右肩上がりで上がっていく株が日本株にあるのかということです。オリエンタルランドだとか色々ありそうはありそうですけど今僕はMasterCardで行きたいと思っています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

記事にも書きましたNISAに対する思い違いはかなりショックでした。というかこの記事に載せるAmazonアフィリエイトもNISAの本を載せようとして意味のないことに気がついてやめてしまいました。なぜならNISAが終了すればNISAの本など意味がないからです。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。