アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

来年のNISA枠で何を買おうか その3 #463

f:id:toushiblog:20191026100715j:image

来年のNISAで何を買おうか迷っていたのですがこのブログを通して自分なりに整理できてきたと思います。おそらく本命はKDDIになるのではないでしょうか。そしてKDDIが高値になるなどして買い時を少し逸してしまったなと感じた時は次の候補であるオリックスを買おうかと思います。この二つは連続増配をしていますし割高というわけでも無さそうです(オリックスに至っては割安感さえあります)。そして“僕はあまり好きでは無い”と言いつつも実は少し楽しみな株主優待も付いてきます。なので両方とも甲乙つけがたいそんな二つの候補です。

 

そして三つ目候補として挙げたいのがNTTドコモです。三つ目の候補が果たしているのかどうなのか微妙なところですけどしかしこのNTTドコモも最初に挙げた二つに負けず劣らずかなり良い銘柄です。日本株を買うならばと題して紹介した記事にも書きましたがほとんどKDDIと変わらないはずです。配当利回りも同じようものですし最低購入価格、つまりは株価も似たようなものです。ただし唯一違うことがあるとすればそれはそれはKDDI株主優待が付いてくるということです。NTTドコモには株主優待がついてこないんですね。だからその分最初に挙げた二つの銘柄の後塵を配してしまうのです。

 

ここで僕の株主優待に対するイメージを書いてみます。それは株主優待って本当にお得なのかということです。なぜならその株主優待の分だけ配当として配れば株主には現金が届くわけです。つまり現金であればその現金でおいしいものを食べれば良いですし更に株に再投資することもできます。また株主優待の案内を送付して返事をもらい、それらを事務処理して品物を送る、これらの作業と現金を口座に振り込むのとでは明らかにかかる費用に差が出ると思います。その費用もまたそこの企業の負担となるのです。

 

ということで本当はアンチ優待でかつアンチ日本株だったのですがKDDIオリックスが企業としても素晴らしいですし、まあ一株くらい持ってても良いかなと思ったので来年のNISAの候補に入れようと思っています。

そして今回候補に挙げたNTTドコモKDDIを挙げた時に書きましたように5G銘柄のど真ん中です。5Gのサービスが開始されれば必ず恩恵を受ける企業ですのでそういった意味でもKDDIと同様に買ったらがっちり保持し続けたいですしそして保持し続けることの株だと思いました。5年、10年、そしてその先も持ち続けい株です。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

来年のことを話すと鬼が笑うなんて言いますが、確かにその通りで来年のNISAを買うためにも今年一年、いや今日という日を目一杯生きていくことが大切なことだと思いました。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。