アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

たばこ株は割安株 #374

f:id:toushiblog:20190728060916j:image

たばこ株を持っている僕としては色々な方が書かれているたばこ株についてのブログに興味があります。もしかしたらこのブログを読んでくださっているたばこ株を保有されている方で、ブログを書かれている方は僕もその前ブログを読んでいるかもしれません。

そんなブログを書かれている方の中でアルトリアグループを高値で買ってしまったという方の記事を読みました。もちろんその方の買った値段について僕が何か言うことはないです。僕だって株を買って失敗をよくします。というか何より去年一年株を買っているのに総資産減っていますから本当に情けないです。

 

その高値で買われたという方は高値で買ったというよりも“割高”で買ってしまったことを悔やまれていました。確かにたばこ株を割高で買うというのは良くないきがします。なぜならたばこ株は常に下落のリスクがあると思うからです。割高の株は一旦何か“売る理由”が生まれると簡単に売られてしまいます。逆に割安だと売られる理由があっても、そんなものだよね、と下値は限定的な気がします。もちろんそれはあくまで“そんな気がする”というなんとなくで数字に裏打ちされたものではないです。しかしたばこ株は株価が下落すれば配当利回りが高くなりそこで買う人も出てくるはずです。

 

かつてフィリップモリスは株主還元の非常に優れた株だと言われました。しかしそれは当たり前ですが結果から振り返ってそうだよね、というだけであって当時はたばこ株なんて訴訟リスクの高い株だということで不人気株だったようです。

そうです。つまり割安株だったんですね。割安株で順調に増配をして、かつ株価の下落は限定的だった、それがフィリップモリスの高パフォーマンスを生んだというわけなのでした。

フィリップモリスはそういったかつてのような高パフォーマンスを生むようには思えないのですがしかしたばこ株全体に言えることは今のたばこ株は割安株なのでないかということです。

 

もちろん割高株でも買われ続ける株は存在します。Amazonだとかここ最近だとbeyondmeetも割高、割高と言われ続けながら買われていました。というか割高株というのは割高でも買われるから割高なわけなのです。だから割高株を買うこと自体はリスクがあるけれど僕は強く否定しません。仮想通貨に手を出すよりもよほど安全です(もちろん暴落するリスクはありますけどね)。

しかしたばこ株は全般的に今割安圏にあると思いますのでとても買いごろなのだと思いました。

 

最後に投資は自己責任でお願いします。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

記事の中で少し触れましたビヨンドミートですがものすごい勢いで買われています。もう何年も先の利益を折り込んでいます。かつてのアマゾン株もそうだったかもしれませんがそれにも増して割高で買われているようです。

そんな割高株はちょっと怖いという方は割安なたばこ株などどうでしょうか。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。