アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

承認欲求は拗らせてはだめ #207

f:id:toushiblog:20190211101959j:image

よくTwitterのフォロワーが多い人に所謂クソリプを送る人を見かけます。まあそういう人たちを見るとものの見事になんでもない一般の人が多いです。つまりTwitterのフォロワーの多い人はTwitterのフォロワーの多い人にクソリプを送ったりはしないわけです。それはなぜかというとTwitterのフォロワーが多い人はそのクソリプの鬱陶しさや無意味さを知っているからなんですよね。ではなんでTwitterのフォロワーの少な人は多い人にクソリプを投げるのか。僕にはTwitterのフォロワーの多い人に嫉妬しているようにしか見えません。

 

Twitterのフォロワー多い人はなんだかそれだけですごい人のように見える。そして羨ましくてだから石を投げてフォロワーが多いことを何となく後悔させよう、そんな風に見えます。でもそれってものすごく意味がないし自分という人間をどんどんつまらないものにしていくように思えます。

人間には誰にでも嫉妬する心はあると思います。もちろん妬みは良くないです。だけどもし仮に誰かのことを妬ましいと思った時、その誰かを自分の足元に跪かせて快感を得ようとするのではなくて、別の方法で戦えばいいと思うのです。

 

別の方法で戦う、つまり戦う場所を変えるのです。Twitterのフォロワーが多い人には多いなりに理由があって少ない人には少ないなりの理由があります。だとしたらそんな石なんか投げていないで別の方法で戦うのです。例えばインスタを頑張ってみるとか、Facebookを頑張ってみるだとか、そもそもネットで戦うのをやめて現実の世界を戦うだとか別の世界線で戦えばいいのです。その方がよっぽど現実的だし勝ち目があります。

そしてそうやって自分のフィールドで戦っていると不思議なことにだんだん最初に戦おうとしていた相手のこととかどうでもよくなってくるのです。

 

目の前にある自分のフィールドをいかに攻略するかだけを考えるようになると本当に他人のことなんてどうでもよくなります。つまりTwitterクソリプ送るくらいなら自分の時間を使った方が絶対に良いということなのです。

自分の時間は有限で本当に貴重です。お金よりも貴重です。その貴重な時間を本当にTwitterクソリプごときに使って良いのか、目の前にいない誰かを罵倒することに使って良いのか一度考えてみるべきだと思います。明日がより良くなるために今何をすべきか、どう考えどう行動すべきか毎日学んでいくことが大切だと思います。

自分の時間を生きましょう。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

承認欲求とはかくもおそろしいものだったんですね。自分が承認欲求を拗らせていると感じたら等身大の自分を客感的に探りましょう。等身大で生きていくということがとても大切なことだと思いました。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日を。