アメリカ株と中国株のブログ

Twitterフォローしてね:@sunnyra38541895

「社会の底辺」という言葉がよく検索されるらしい #182

f:id:toushiblog:20190116063204p:image

僕が時々見るYouTubeの中の人が言うにはその人のチャンネルの中で「社会の底辺」というキーワードがよく検索されたらしいです。なかなか凄いキーワードです。しかしこのキーワード、検索したくなる気持ちなんとなくわかります。なんとなく検索したくなる気待ちが分かるというのは、つまりいわゆる“社会の底辺”にいる人たちがこのキーワードを検索するのでなくて自分の背中に常にヒヤリとしたものを感じている人が検索するのではないでしょうか。それは僕も含めてです。僕も時々なんだかそらおそろしくなってその言葉に類する言葉を検索してしまうことがあるからです。

 

社会の底辺というのは年収でおよそ200万以下の人たちです。他にも借金があったり社会の底辺になる要素はいろいろあると思います。これってなんでこんなことになるのでしょう。もちろん本人の努力もあると思います。本人が努力をして這い上がってくる人もいればなんの努力をすることもなくただダラダラと生きて、プライドだけは高くてだけど年収は低い、そんな人もいると思います。

僕がブログに書いていますが自分のリソースの無駄を削ってその分を自己投資に振り向けることができればそれだけでも随分と違うはずです。少しずつ少しずつですけどなんとか変えていく努力を重ねるわけです。

 

しかし他方でどうしようもないものもあります。それは「おぎやぁ」と産まれた時の環境です。これは本当に大きいです。誰かが人間は環境の産物でしかないという言葉を残しています。

親が資産家であるかそうでないかだったり、親が教育に対する理解があるのかないのかであったりしても変わってきます。他にも産まれ育った地域によっても変わってくると思います。貧困地域に産まれると交友関係で身をもち崩すなんてことは十分にあり得ます。子どもが成人するまではやはり周りの環境はとても大切です。子どもの頃にできた習慣が大人になっても効いてくることなんていくらでもあります。親の教育投資って本当に大切ですよね。

 

最初に「僕も“社会の底辺”という言葉に類するワードを検索してしまう」と書きました。それって自分の中で何となく怖いものを感じるからなんですよね。自分も一瞬でそういう世界に転げ落ちてしまうのではないのか、そんな恐怖心を抱えているのです。

だけどだからこそやはり勉強が大切だし、そして投資も大切なのだと思います。まだ今のところその予定はないですが、いつ何時それこそ“社会の底辺”に落ちてしまうかわかりません。背中にヒヤリとしたものをいつも感じつつ、僕の好きな言葉を自分の肝に銘じて毎日を過ごしたいと思います。

 

人間一生勉強 

今日も勉強、明日も勉強です。

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。

まだまだ自分は安心できるレベルではありません。いきなり明日社会的に転落することがありえます。そうならないように、そしてそうなったとしても生きていけるようなそんな態勢を整えたいと思いました。こわいですね。

それでは今日もみなさまにとってより良い一日になりますように。

ではでは。

つづく。

 

 

読者登録をよろしくお願いします。

Twitterのフォローもよろしくお願いします。

Twitter :@sunnyra38541895

f:id:toushiblog:20190116062324j:image